ビジネス

【スプレッドシート活用術】削除したシートの簡単復元

削除したシートの簡単復元

スプレッドシートを使ってて、変更した内容や消しちゃった内容を確認したい!

そんなことありますよね。

 

エクセルであれば諦めるしか無いですが、

スプレッドシートなら簡単に過去のデータが復元可能です。

 

スプレッドシートで過去データを復元させるには

やり方は簡単。

メニュー左上にある「変更内容をすべてドライブに保存しました」を押すだけ。

 

すると画面右に、履歴が並びます。

 

戻したい日時を選択すると、そのときの内容にデータが戻ります。

 

履歴には名前をつけることもできるので、重要なタイミングではつけておくと便利です。

自分は人に共有するときに「共有前」、募集終了時に「締め切り」などをよく付けます。

 

履歴が見つからない

ちなみに、おそらく権限の関係で、 「変更内容をすべてドライブに保存しました」 が表示されていないケースがあります。

そんなときはメニューから、ファイル>変更履歴>変更履歴を表示 を選択すれば同じ状態になります。

 

 

例外:一部のデータだけ復元したい

ただこの方法、一つだけ問題があります。

それは「いつの間にか消えてた一部のタブだけ復元したい」ということができないことです。

(過去の履歴に戻すと、そのあと更新した内容も含め全部戻ってしまうので)

 

例として、ある会議で毎回新しいタブにアジェンダ・議事録を記載していました。

ところが、気づいたら1週分消えている、、

スプレッドシートに復元があるのはわかってるけど、

そうすると最近追加した分が消える、、

という状態です。

 

履歴から強引にコピペ?

ファイルをコピーしてから復元してシートをコピー?

そんな感じでずっと悩んでましたがやっと簡単な方法を発見しました。

なんと履歴から、過去データのコピーが作れるんです!!

これでコピー作って削除してしまったタブだけ統合すれば、一瞬で回復です。

-ビジネス
-

Copyright© 中庭Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.