映画

【映画ヲタ恋】監督を弁護する妄想

映画『ヲタクに恋は難しい』。

公開前からテレビでもだいぶ推されていますが、原作ファンからすれば「なんでだよ」って感じが強い作品だと思います。

自分もその一人でしたが、あそこまで行くと怖いもの見たさが出てくるのも人間です。

というわけで「原作は好きだけど映画を見るか考えてる人」に向けて、見てみた結果・感想です。


結論から言うと、

原作とは別物として見るならあり

だと思います。

率直な感想でいうと、控えめに言っても最低です。

・宏嵩の属性が不明

・成海の服がダサい

・謎の同期

・先輩コンビとの絡みが全然愛

実写化は難しいと思いますが、過去最低と言っても過言ではないでしょう。


あとは一番問題のミュージカル風。

ここに関しては意外と賛否両論のようです。

ちなみに連れはそこまで気にならなかったらしい。


とは言っても、トータルすれば「原作の設定だけ見て妄想で作ったんじゃないか」ってレベルの改悪です。


自分はもはや一周して戦略的な批判逃れなんじゃないかと、監督を養護する目線で見守りました。

ただでさえ難しい実写化、しかも日常風なのでCGや勢いでごまかすのも難しい。

明らかに監督の得意分野とも違う。

十中八九批判が出る状況。

であればいっそのこと「ミュージカル風にして原作に全然寄せないこと」で

論点を映画の良し悪しからミュージカルの良し悪しに変えてしまおうという

巧妙な戦略なんじゃないかと。

完全に、直前読んでたDr.STONEの影響か思いついたレベル。


とは言え純粋な1映画としては実は悪くはない。

批判的な自分でも笑える部分はあったし、

映画館からも笑い声が結構聞こえてきた。

原作にこだわりない人にはおすすめ。

ヲタクに恋は難しい: 1 (comic POOL)

アニメは割とあたりだった

#1 成海と宏嵩の再会。そして・・・

新品価格
¥255から
(2020/2/13 21:13時点)

-映画
-,

Copyright© 中庭Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.